あの名作に“ひとクセ”加えて。「CONVERSE ALL STAR × FACETASM」

Converse facetasm1

毎日毎日沢山のモノがリリースされる世の中において、残っていくのはほんのわずか。そんな厳しい競争を勝ち抜き、多くの人に広がり愛されていくと定番や名作と呼ばれるように。

当たり前のように見かけるものは、やはりそれだけの理由があるものです。

Sponsored Link

CONVERSE ALL STAR × FACETASM

Converse facetasm4

CONVERSEのスニーカーもその一つ。以前ご紹介したスタンスミスと並んでスニーカー界を代表する名作と言えるでしょう。

実は僕自身、定番すぎるがゆえにこれまで手を出したことがなかったのですが、周りにもコンバース愛好家が多く、「服好きを名乗る者として、一度くらい履いておかないと」思い購入することに。

Converse facetasm13

とはいえ、普通のモデルではなんだか味気ないので、ちょっと人とは違うものを…と探し見つけたのが、今回購入した日本のデザイナーズブランド「FACETASM(ファセッタズム)」とのコラボレーション。

Converse facetasm12

FACETASMは2007年にスタートしたブランドで、近年様々なファッション賞を受賞し、まさに今旬なブランドの一つ。特定のジャンルに属さない独創的なスタイルは、国内のみならず海外からも高い評価を受けています。

そんなFACETASMのデザイナーである落合氏自身も一年のうち350日ちかく、コンバースを履いているほどの愛好家だそう。

定番にひとクセ加えて

Converse facetasm11

やや生成りっぽいキャンバス地にブラックのライン。名作「ALL STAR HI」をベースにした一見シンプルなデザインですが、注目すべきはヒール部分のバンダナ。

Converse facetasm15

Converse facetasm24

個人的に、FACETASMは生地の重なりやパターンで”遊び”を生み出すのが上手だなぁと、このコンバースのデザインもそうした要素が感じられます。

Converse facetasm8

ブロードのシャツのような質感。

Converse facetasm25

横から見た時のシルエットもエレガントに。よく見るとシューレースの部分から生地が重なるようになっているんですね。凝ってます…

Converse facetasm6

内側にはコンバースおなじみのアンクルパッチ。

実際に履いてみました

Converse facetasm32

ちょうど届いた日、中目黒に用事があったのでさっそく履いてみることに。この日は、シューズに合わせモノトーンな装いに。

Converse facetasm38

足下によるとこんな感じ。そもそもハイカットのシューズを履くことが少ないので、新鮮。ローカットに比べると、歩いた時のホールド感がありますね。また、シューズとパンツの境目から足首が見えないので、どこかスタイル良く見える気もします。

Converse facetasm42

かなり大きくバンダナが付いているので、実際に履いてみるとかなりアクセントになる印象。もう少しかっちりとした服装のハズしとして使うのも良さそうです。

Converse facetasm36

今回はじめてコンバースを履きましたが、主張しすぎない絶妙な塩梅のデザインはさすがだなと。あらゆる服装に合わせられる理由は、あくまで着る人が主体でシューズが主役になりすぎないからでしょう。

まさに縁の下の力持ち的スニーカー。ちょっと興味が湧いてきました。なんでも日本と海外では規格が違うなんて話も教えてもらったので、今後は少しずつコンバースにも挑戰していきたいな…なかなか沼が深そうですが(笑)。

created by Rinker
CONVERSE(コンバース)
¥5,280 (2020/10/29 10:23:15時点 Amazon調べ-詳細)

もう一つの名作スニーカー

コンバースと並ぶもう一つの名作スニーカー、adidasの「スタンスミス」。ぜひ合わせてご覧ください。夏の足元を軽やかに。

オールホワイトなスタンスミスを買いました

シェアしてくれると嬉しいです!
Sponsored Link
関連記事