晴れた休日に、江ノ島をふらりとフォトウォーク

どうもこんにちは。いよいよ夏かなーと思っていたら、少し冷え込んだ週末ですね。

さて先日、今年の春に上京してきた友人と江ノ島周辺をフォトウォークしてきました。

僕の地元は藤沢なのですが、江ノ島とはあまり縁がなく、せいぜい水族館があることとサーファーの友人が住んでいるくらいの認識。まぁ、こんな機会がなければしばらくは行く機会はなかったでしょう。

やはり“写真を撮る”という目的があると、フットワークが自然と軽くなる気がします。不思議ですね。

鎌倉高校前からスタート

藤沢駅から江ノ島のローカル電鉄“江ノ電”に15分ほど揺られ、降り立ったのは鎌倉高校前駅。私は詳しくないのですが、人気マンガ『スラムダンク』の聖地としても知られています。

雑誌やドラマの撮影でも度々使われるロケーション最高のスポットです。僕もこんな場所で高校時代を送りたかった…!笑

人気スポットだけにかなりの人。車通りが多い場所でもあるので、ゆっくり構えて写真を撮るのはちょっとむずかしい感じでした。せっかくなので江ノ電をパシャリ。とてもゆっくりなので、撮りやすい。

せっかくなので、浜の方に降りてみてみることに。

海をバックに撮ると、そこはかとなく爽やかさが演出できますね。うん。奥にぼんやりと映るのが目指す江ノ島。そこまで遠くなさそうなので海岸沿いをぶらりと歩いて行くことに。

道中にはオシャレな多肉植物も。プチプチしていて可愛らしい。

一人で行くのとは違い、お互いを撮り合うこともできますね。

10分ほど歩くと江ノ島がもうすぐそこまで。今年の夏は、久しぶりに海に行って海水浴をしてみたくなりました。まぁ多分しないですが…

江ノ島に到着

江ノ島にようやく到着。ちょっぴり疲れたので、ラムネを片手に屋台でたこ焼きを食べて小休憩。いい休日だ。

べんてん丸で稚児ヶ淵へ

目的の稚児ヶ淵までは少し距離があるので、時間を考え遊覧船に乗って移動することに。大人400円でした。もちろん歩いても周れますよ。

爽やかな潮風に吹かれつつ、10分経たない程度でサクッと到着。歩いて行くのに比べ、かなりスピーディーに移動することができました。

水しぶきがなかなかダイナミック。潮の流れで魚がよく集まるのか、釣りをしている方も沢山見かけられました。

紫陽花と猫と

ちょうどピークを迎えつつある紫陽花も今回のフォトウォークの目的。なんとなく個人的に雨の花というイメージですが、からっと晴れた日にもよく映えるお花ですね。後から思いましたが、もう少し絞ってとっても良かったかな。

紫陽花を撮っていると、かわいい猫を発見。カメラを構えるとバチッとポージングを決めてくれたので、ありがたい。

もちろん、しらす丼を

一通り周り終えたということで、「江之島亭」にてちょっと遅めにお昼ご飯。ピークを避けたのが幸いだったのか、すんなりと入店することができました。

もちろん、江ノ島ということで「しらす丼」を。こちらは釜揚げと生のハーフ丼。とっても美味しかった…!

窓際の籍からは、湘南海岸が一望できる見晴らしの良さもポイント。

横道へ入ると

大通りを一本横に入ってみると、人通りの少なく良い感じの場所を発見。こちらも紫陽花がきれいに咲いていました。

佇む釣り人。ちょうどいい感じで影になってくれました。

最後はカフェでコーヒーをいただき、足湯に入り帰路へ。ふと海の方も見てみるとすっかり夕方。周りそびれてしまったポイントもいくつかあるので、それはまたの機会に。

夏休みは少し遠くに写真を取りに行きたいな。と今から考えています。どこが良いだろう。

 

今回使用した機材はこちら:

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥117,000 (2020/06/01 23:10:02時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥87,300 (2020/06/01 23:10:03時点 Amazon調べ-詳細)

シェアしてくれると嬉しいです!
関連記事

    関連記事はありません