夏の足元を軽やかに。オールホワイトなスタンスミスを買いました

スタンスミス_サムネイル

夏は、白いアイテムに惹かれがち。

連日40℃に迫る、うだるような暑さが続いていますね。もはや30℃が涼しく感じるレベル。もちろんクーラーの効いた部屋(設定温度は26℃)でアイスクリームを頬張るのが至高なわけですが、毎日毎日そういったわけにはいきません。

花火大会、フェス、キャンプなど、特にイベントごとの増える夏は、外に出る機会が自ずと増えるものだからこそ、せめて身につけるアイテムには、視覚的な涼しさが欲しいですよね。

先日、Fanmailの白Tシャツの記事を書きましたが、白色のアイテムからはどこかキリッとした爽やかさを感じます。今回は、そんな夏にピッタリの純白なスニーカーを靴箱へお迎えましたので、ご紹介します。

Sponsored Link

オールホワイトなスニーカー – STAN SMITH CQ2198

スタンスミス_俯瞰

『白スニーカーといえば、スタンスミスだよ。』

巷のファッション好きたちがこぞって言いうように、電車を見渡してみれば、同じ車両に2,3人は履いている見かけるの光景をよく見かけます。

それもそのはず、どうやら世界で一番売れたスニーカとしてギネスブックに認定されているそう。(実際はconverseのALL STARではないかという説もありますが、ここでは置いておきましょう)

そんな“ど”が付くほどの定番アイテムを今更ながら購入したのには、ある理由が。

それは「ソールの色が変更されたから」なのです。実はこれまでにも何度か購入を考えていたのですが、このソールの色がどうにも気に食わず購入まで至りませんでした。

スタンスミス_別モデル

photo via アディダス オンラインショップ

スタンスミスは、その年ごとにディティールが微妙に異なるのですが、これまではソールの色は純粋なホワイトよりはオフホワイト気味だったんですよね。

その部分がレザーの白いボディとも相まって、ちょっと真っ白とは言いづらい感じがしていました。しかしながら、今回のスタンススミスをご覧ください。

スタンスミス_ソール

ソール、白いですよね。ボディの白さに負けず劣らずの白さ。

2018年SSの新作として発表されたこのCQ2198というモデルは、adidasが「オールホワイト」とうたっている通り、これまでのスタンスミスとは一線を画す圧倒的白さが特徴です。

このモデルがリリースされる記事を見つけてすぐに購入を決め、今回やっと入手することができました。

スタンスミス_レザー

柔らかでシボ感の感じるレザーを使用しており、足を入れるとふんわりと包み込んでくれる感覚が皮膚に伝わります。

ポツポツと穴で表現されたadidasの代名詞スリーストライプスの間には、STAN SMITHの型押しがさり気なく入っていてアクセントに。

スタンスミス氏も真っ白

スタンスミス_ロゴ

シュータン部に描かれたおなじみのスタンスミス氏の肖像画も今回はホワイト。ここは好みが分かれる部分かと思いますが、個人的には良い意味で、存在感が薄くなっておりグッドです。

ちなみにこのスタンスミスは、アメリカのテニス選手であるスタンレー・ロジャー・スミス氏(この絵のおじさんですね)から名付けられました。なので、もとはテニスシューズなんですね。

スタンスミス_前

前から見るとこんな感じ。トゥの部分が薄いのが特徴。

スタンスミス_ヒール

ヒールタブは写真だとわかりづらいですが、うっすらグレーがかったホワイト。スタンスミスといえば緑が王道ですが、この部分が変わるだけでもだいぶ印象が変化しますね。

歩いていると自分から見えない部分ですが、人間、後ろ姿をよく見られるので視覚的に大きなポイント。

スタンスミス_インソール

インソールは、クリーム色のラバーカップソール。クッション性が高いため、今日は少し良い移動が多そうだなという日にも活躍してくれそう。

クリーンでミニマルな装いに

スタンスミス_着用例

ライトグレーのワイドスラックスに合わせてみました。もともとはテニスシューズとして開発されたシューズなので、ソールが薄く、シュッとしているんですよね。

スタンスミス_足下

ボリュームが出過ぎないので、僕がよく履いているワイドパンツにもするりと馴染んでくれます。さながら、革靴のような印象。

スタンスミス_着用例2

トップスは同じ白Tシャツですが、黒いスキニーに合わせてみます。ちょっと浮いてしまうかな?とも思ったのですが、問題なさそう。というか結構いい感じですね。

夏に革靴代わりにこちらを履いていこうと思います。

白スニーカーはファッションに調和を生む

スタンスミス_トゥ

しばらく履いてみて、改めてスタンスミスが老若男女問わず愛されるスニーカーなのかがよく分かりました。

ボリュームを抑えたフォルム、どんなファッションにも合わせやすい色合い、そして軽やかな履き心地、どのポイントをとっても非常に優等生なスニーカー。

トップスやパンツで少々遊びをもたせても、足元にこの品の良いスニーカーを置くことで途端に全体に調和が生まれます

この夏を乗り切るための一足として、ぜひあなたの靴箱にも一足スタンスミスをしのばせておきましょう。

日々のケアで真っ白を保とう

ジェイソンマーク

余談になりますが、この真っ白なスタンスミス唯一にして最大の弱点は、白スニーカーの宿命である「汚れが目立つこと」。

「社会人は足元をよくみられるから革靴をきちんと磨きなさい」とよく言われますが、それはこうしたカジュアルな服装であっても変わりません。

しっかりと磨いて、なるべくきれいな状態を保ってあげようと思います。

created by Rinker
JASON MARKK(ジェイソンマーク)
¥2,200 (2020/09/24 20:31:12時点 Amazon調べ-詳細)

関連:靴紐を変えて、もっと上質なスタンスミスに

購入後、しばらく履き込んだスタンスミス。少しずつ汚れが目立つようになってきたので、ボディを洗剤でキレイにしつつ、靴紐(シューレース)を交換。

見た目もスッキリしつつ、より上品な印象になりました。以下の記事で紹介しておりますので、みなさんもぜひお試しあれ。

簡単、手軽。シューレース交換で、スタンスミスを蘇らせる。

シェアしてくれると嬉しいです!
Sponsored Link
関連記事