足下から秋の装い。DAN別注UチップのSOLOVAIR

SOLOVAIR ×セレクトショップDAN

幅のある人間になりなさい。

夏の終わりに20歳を迎え、年齢的には“大人”として括られる年齢になったとき、高校時代の恩師に言われたこの言葉を思い出しました。

解釈はいろいろあるかもしれませんが、僕的には「引き出しの多い」ことなのかなと。

カルチャーでも学問でも、話していて様々な方向に話を膨らませていけるような人は魅力的に映ります。そうした人は、きっと人生の楽しみ方もをたくさん知っていますからね。

どちらかというと僕自身は、音楽でも何でも自分の好きなものだけをずっと楽しむタイプ。つまり、正直なところ引き出しはあんまり多くありません。

だからこそ、この一年は意識的に引き出しを増やし、その中身を充実させていきたい。

その手始めとしてまずは好きなファッションから。夏には真っ白なスニーカーを、そしてこの秋は革靴を一足を迎えることにしました。

足下に選択肢が増えれば、日々の着こなしがもっと楽しく、奥深いものになるはず。

DAN別注のSOLOVAIR

SOLOVAIR箱

4月の受注会からはや半年近く。その革靴は、もはや忘れかけていた頃に手元へやってきました。ダンボールには「DAN」の刻印。

今回届いたこちら、実は既成品ではなく、あるセレクトショップの別注品なんです。

中目黒のセレクトショップ「DAN」

セレクトショップDAN

ファッションフリークなら、ご存知の方も多いかと思いますが「DAN(ダン)」は人気ファッションYouTuberのハズム氏が店長を務めるセレクトショップ。

セレクトショップDAN

服やアクセサリーなど自身が購入して気に入ったものを紹介する動画が若者に人気を博し、今年3月にその知見を活かしたポップアップショップ「DAN」を期間限定でオープン。

想像以上の反響から3月以降もショップを常設化、これまで勤められていたブランド古着店を退職され、正式に店長に。そして、現在に至ります。

YouTubeチャンネル:ハズム

今回の革靴はそんなDANがSOLOVAIRに別注をかけた限定モデル。僕も実際に店頭へと足を運び、サイズ選びについてアドバイスを頂きながら、発注してきました。

イギリスからやってきました

SOLOVAIR箱

一度、店舗で実物を見ているとはいえ、箱を開ける瞬間は少しドキドキしますね。

SOLOVAIR箱

MADE IN ENGLANDということで、イギリスの工場で製造されてはるばる日本へ。ようこそ。

イギリス製のものって、意外と身の回りに少ない気がするので、なんだか新鮮な響きですね。

SOLOVAIR箱

さて、それでは詳しく見ていきましょう。

名作を彷彿とさせるUチップ

SOLOVAIR全体

別注モデル、最大の特徴はご覧になって分かる通りトゥの形がUチップであること。これは通常ラインではない形なので、みればひと目で別注品とわかる“それ”です。

Uチップ

J.M.WESTONの「GOLF」や PARABOOTの「CHAMBORD」、Crockett&Jonesの「MORETON」など名作として愛され続けるUチップの革靴たちを彷彿とさせる仕上がり。

プレーントゥとUチップ比較

手持ちのプレーントゥと比べるとよく違いが分かります。

シンプルで装飾の少ないプレーントゥに比べると、Uチップは切り替えの部分にステッチが入り、甲の部分にもボリュームが出るため、同じブラック一色でも存在感があります。

素のままのフルグレインレザー

フルグレインレザー

通常ラインでは、ツヤのあるハイシャインレザーをアッパーに使用しているのに対し、今回の別注モデルではマットな質感のフルグレインレザーを採用。

革の表面(グレイン/銀面)を削ったり、上から加工を施していないため、革本来の表情がよく分かります。

フルグレインレザー

キズや血管の痕などが見えるので、人に寄ってはマイナスの印象を抱くかと思いますが、それは裏返しで、すっぴんの革は日々の手入れがダイレクトに反映されます。

つまり、より経年変化が楽しめるレザーであるということ。靴磨きは定期的に行い、長く大切に育てていきたいですね。

履き心地に優れたエアークッションソール

エアクッションソール

1959年にイギリスの老舗シューズメーカーNPS Shoes Ltd.のファクトリーブランドとしてスタートしたSOLOVAIR(ソロヴェアー)。

ブランド名はその代名詞ともいえるソール「SOLE-OF-AIR」から「SOLOVAIR」に。

エアソール裏面

エアークッションソールといえばDr. Martens(ドクターマーチン)を想像される方も多いかと思いますが、それもそのはず。実はSOLOVAIRとは深いつながりがあるのです。

実は、かつてDr. Martensと35年にわたってライセンス契約を結び、「Dr. Martens by Solovair」として長らく初期のモデルを製造していたのが他でもないSOLOVAIRでした。

ヒール部分

クッション性とグリップ力に優れたソールは、まるでスニーカーを履いているかのような軽やかな歩き心地を実現。

また、中底とアッパー、コバ(ウェルト)を縫いつけたあと、更にアウトソールとコバを縫うグッドイヤーウェルト式製法を採用し、履くごとに自分の足に馴染んでいきます。

足下を引き締める

コーディネート例

白いカットソーに黒いカーディガンを羽織、ボトムスにはチェックのスラックスで少しだけブリティッシュな感じを意識。そして足下にはSOLOVAIR。

Kohei Midorikawa – WEAR

足元

いつもであれば、CAMPUSやSTANSMITHなどスニーカーを持ってくることが多いのですが、革靴に置き換えるだけでも印象が大きく変わりますね。

ブラックの色味とレザーという素材によって、足下を大人っぽくキリッと引き締めます。

足元2

まだまだソールが沈んでいないので、少し窮屈な感じが残ってはいるのですが、これから履き込んで育てていくのが楽しみ。

色味や柄のあるソックスと合わせても良さそう。こちらは、シャツと合わせてシックな印象に。一足持っているだけで、ぐっと着こなしのバリエーションが広がりそうです。

秋の足下には革靴を

SOKOVAIR

春はスニーカー、夏はサンダル、秋の足下には革靴。冬はブーツかな。

冒頭にも述べましたが、常に一辺倒ではなく、いろいろな引き出しを持って場面場面で上手に使い分けられるようになりたいものです。

挑戦の秋とも言いますから、ぜひ皆さんも何か新たなことを始めてみても良いかもしれませんね。

created by Rinker
Solovair(ソロヴェアー)
¥37,400 (2019/12/06 18:25:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

夏には真っ白な一足を迎えました

stansmith

夏の足元を軽やかに。オールホワイトなスタンスミスを買いました

今回は革靴をご紹介しましたが、この夏には真っ白なスニーカーを購入しました。

足下にもバリエーションが増えると、合わせられるパンツ、トップの数も自ずと増えるので買いたい服がたくさん…

Instagramもチェックしてね!

 

View this post on Instagram

 

⠀ DAN( @dan_nakameguro )×SOLOVAIR ( @solovairuk ) ⠀ ⠀ ⠀ ⠀ #solovair #ソロベアー #DAN別注 #dan #ダン #leathershoes #革靴 #短靴

Kohei Midorikawaさん(@k_mdrkw)がシェアした投稿 –

シェアしてくれると嬉しいです!
関連記事