簡単、手軽。シューレース交換で、スタンスミスを蘇らせる。

Shoelace26

神は細部に宿る。ファストファッション全盛の昨今で、大まかなデザインに関して言えば、ハイブランドとの差はそれほどなくなってきました。しかしながら、やっぱり違いはディティールに出るもの。

靴であれば「シューレース」もその一つ。同じ色、であっても形状、細さ、材質が異なることで靴の“顔”が大きく変化します。

Sponsored Link

スタンスミスのシューレースを交換

Shoelace29

ちょうど一年ほど前に購入した真っ白なスタンスミス。

夏の足元を軽やかに。オールホワイトなスタンスミスを買いました

「スニーカー」という言葉から連想するようなボテッとしたボリューム感のある印象は感じられず、シュッとした、まるで革靴のようなフォルムで履きこむほどにオンリーワンのデザインだな、と感じる一足です。

Shoelace28

(画像は購入時)

しかし、いつ頃かは定かでないのですが、靴紐の部分に汚れが付着しシミになってしまいました。もちろん、新しい一足を購入しても良かったのですが、まだまだアッパーはキレイな状態だった以前から気になっていたシューレース交換を行ってみることに。

Shoelace2

今回は、靴ひも.com(くつひもドットコム)というサイトでシューレースを注文。

靴ひも.comは、自分の好みに合わせて、素材、長さ、太さ、カラーなど、沢山のオプションからシューレースをオーダメイドできるショップ。ほとん方はここで自分好みのシューレースを見つかられるはず。

Shoelace6

僕が購入したのは、「カラー靴ひも・丸(No.701-M・3.5mm幅・全50色)」という型版のシューレースで、オプションとして、/ホワイト/125cm/シルバー金具をチョイスしました。

Shoelace8

スタンスミスのデフォルトで付属しているしゅーれーすは、一般的なスニーカーと同様「平紐タイプ」ですが、今回はあえて、革靴で用いられることの多い「丸紐タイプ」をチョイスしてみました。

Shoelace18

Shoelace12

さっそく合わせてみました。スタンスミス自体がボリュームが抑えめで、極めて革靴ライクなスニーカーでもあるので、非常にマッチしているのでしょうか。

Shoelace27

Beforeがこんな感じ。

Shoelace23

紐自体が細くなるので、全体的にキュッと引き締まった印象になりますね。

Shoelace26

シルバーのセルチップも主張しすぎず、程よいアクセントに。スタンスミス自体は非常に薄い作りで、さながら革靴のようなスニーカーなのですが、より革靴らしさが増したような印象ですね。

一手間加えて、気分一新

Shoelace22

はじめてのシューレース交換でしたが、個人的には大満足。昨年履きすぎて、スタンスミスにやや飽きも感じていたのですが、ひと手間加えることで、また履いてあげようと思えるようになりました。

ただ、長さがちょっと短かったかも…!今回は125cmで注文したのですが、130cmないし135cmくらいあったほうがバランスが良かったかもしれません。もし同じように注文される方がいれば、長さだけご注意ください。

created by Rinker
adidas(アディダス)
¥15,400 (2020/10/28 18:34:32時点 Amazon調べ-詳細)

関連:真っ白なスニーカーを足下に

今回靴紐交換したスタンスミスの詳細はこちらの記事で紹介しています。お時間があれば、ぜひ合わせて。

夏の足元を軽やかに。オールホワイトなスタンスミスを買いました

関連:自分好みにカスタマイズする楽しさ

ファッションの文脈からは少し離れますが、自分なりにカスタマイズを施すことで、よりモノへの愛着が高まります。

僕は毎日のように使っているMacBookに対しても同じように、使いやすくなる工夫をいくつかしているのですが、その一つが角度をつけるスタンド。デスクワーカーの皆さんには非常にオススメのアイテム、必見です。

3mm、89gで視線を上げる。フィットするPCスタンド「MOFT」

シェアしてくれると嬉しいです!
Sponsored Link
関連記事