冬を乗り越えるために“紳士な”コートを買いました

Mistergentleman chestercoat0

正直なところ、僕はあまり冬が好きではありません。

クリスマス、お正月とイベントごとも多く、賑やかなシーズンではありますが、いかんせん寒すぎます。ましてや、細身の体型で筋肉と脂肪の少ない僕の体は熱を生み出しにくいので、なおのこと。

それでも、コタツの中にずっとこもっているわけにも行かず、毎日外出はしなければならない訳です。こうなると、もう朝から億劫…。

僕の場合、こういう時に頼るのはファッションだったりします。「明日はこの服着たいな」そんな風にしてちょっとだけ気分を高めるアイテムや行為を散りばめておくだけでも、ずいぶんと心の持ちようが違う気がします。

今回は、そんな凍える冬を乗り越えるために購入したコートをご紹介します。

Sponsored Link

MISTERGENTLEMAN – CHESTER FIELD COAT

Mistergentleman chestercoat1

購入したのは、MISTERGENTLEMANのCHESTER FIELD COAT。

こちらのアイテムは17-18AWのルックに用いられており、遠目からも存在感の感じら2れるこのグレンチェックの柄と大ぶりのシルエットに一目惚れしてしまいました。

Mistergentleman chestercoat8

ちなみにMISTERGENTLEMANは、2012年SSより始まった日本のデザイナーズブランド。PHENOMENONを手がけたオオスミタケシ氏とTHE CONTEMPORARY FIXの吉井雄一の二人によって立ち上げ。

ベーシックなデザインの中に大胆な切り返しや他のアイテムのディティールをドッキングしたデザインが多いのが特徴。トレンドを抑えつつも、デイリーに使えるアイテムが多いので、僕自身も好きなブランドの一つです。

トレンド感のあるディティール

Mistergentleman chestercoat3

ここ数年のトレンドをこれでもか、と詰め込んだのこのコートの魅力。シルエットはビッグサイズ、肩はラグラン仕様になっており、リラックスした印象。

Mistergentleman chestercoat5

ホワイト、グレー、ブラックの3色を織り込んだグレンチェック柄の生地。しっかりと厚みがあるので、羽織ったときの落ち感が素晴らしい。

Mistergentleman chestercoat10

仕立ては徐々トレンドになりつつあるダブルブレスト。チェックの柄と合わさり、よりクラシカルなテイストに。

Mistergentleman chestercoat12

ラペル部分はノッチドラぺル。細すぎず、太すぎず絶妙の幅で、顔周りを引き立ててくれます

Mistergentleman chestercoat14

裏地にはキュプラを採用。腕通りがよいので、脱ぎ着の際にストレスを感じません。

季節に合わせたアイテムを

Mistergentleman chestercoat16 着用例

ザックリ羽織るだけで“雰囲気”にある印象を作ることができるロングコートはこの冬、一番活躍してくれたアイテム。

冗談抜きで、こいつのおかげで乗り切れたと思います。どうもありがとね。もうちょっとだけよろしく。

さてさて、あとⅠヶ月もすると春がやってきます。僕はいわゆるライトアウターを持っていないので、そろそろ目星をつけて手に入れないとなぁ。

シェアしてくれると嬉しいです!
Sponsored Link
by
関連記事