カルチャーの街で、究極の讃岐うどんを提供する名店。原宿「麺散」

Harajuku menchirashi16

なにを隠そう、僕は讃岐うどんの本場である香川県に7年ほど住んでいましたから、うどんには大変うるさい人間であります。(まぁ、丸亀製麺もはなまるうどんもよく食べますけどね)

関東は、おいしいラーメン屋は星の数ほどありますが、美味しいうどん屋は本当に少ない…そんなふうにいつも思っているのですが、同じ香川出身の友人から「良いうどん屋ができたから行ってみて」とありがたいレコメンドをいただいたので、買い物がてら行ってみることに。

Sponsored Link

カルチャーの街「原宿」に

Harajuku menchirashi17

ファッションの街、原宿。うどんとは縁もゆかりも無さそうなこの場所にうどん屋が…?とマップの案内に従い進んでいくと、確かにありました。

Harajuku menchirashi18

「麺散」

Harajuku menchirashi19

出で立ちが僕の知るうどん屋とは随分違ってオシャレな感じです。TOKYOすたいるなんですかね。

讃岐うどん専門店「麺散」

Harajuku menchirashi4

麺散は「めんちらし」と読むそうです。さて、店内へ。思っているよりも随分広く、そして、どことなく違和感を感じる内装が広がります。

Harajuku menchirashi14

ハンバーガーショップのようなカウンターもあると思えば。

Harajuku menchirashi7

どこか下町の中華屋さんのようなテーブル席。

Harajuku menchirashi12

そして、奥の高級和食料理店のようなスペース。原宿の多様なカルチャーの混ざり合いのようなものを感じます。

Harajuku menchirashi16

さらに、お店の外にはキッチンカー。ちなみにこちらは「ONE」という出汁巻き玉子ドッグを販売しているお店となっているよう。

Harajuku menchirashi3

この謎の組み合わせ、、、ですが、この話を聞けば納得する方も多いことでしょう。「麺散」は、単なる飲食店ではなく、以前、中目黒で人気を博していたフィッシュバーガーショップ「デリファシャス」を手掛けたクリエイティブエージェンシー「en one tokyo」が手掛けているそう。

Harajuku menchirashi1

注文後ほどなくすると、うどんが到着。

Harajuku menchirashi8

香川で食す、讃岐うどんと他のうどんの大きな違いは、麺のコシも当然あるのですが、ダシが決定的に違うなと感じるのですが、この麺散のうどんは出しが美味しい、、、

かなり“いりこ”の風味がしっかり感じられるので、醤油ベースの出しに奥行きが。久しぶりに関東で美味しいうどんに出会うことができました。

Harajuku menchirashi11

揚げたての天ぷらもサクサクしていて美味しい。

Harajuku menchirashi10

サイドメニューのお肉が乗ったご飯もまた美味しい。

原宿のサク飯に

Harajuku menchirashi2

原宿、神宮前、表参道。このあたりはいつ行っても人が賑わっており、なかなかお店に入れなかったり、価格帯も高かったりと、なかなかサクッとご飯を食べられるお店がすくないのですが、450円〜うどんを食べられる「麺散」なら、気軽にふらっと寄れそうです。

店舗情報

店名 麺散
住所 東京都渋谷区神宮前6-13-7
営業時間 11:30〜23:00(L.O. 22:30)
定休日 火曜日
公式サイト 麺散
シェアしてくれると嬉しいです!
Sponsored Link
by
関連記事