銀座「牛椀 紀尾井坂」で、至極の“高級牛丼”を。

Gyuwan kioizaka8

まいふぇいばりっとふーど、牛丼。安く、美味しく、すぐに出てくる、そんな三拍子そろった存在。どこの駅に降りても、チェーン店が店を構える光景をみると「これはもはや国民食だな」と感じます。

先日、Twitterのタイムラインを何気なく眺めていると、「高級牛丼」の文字が。牛丼には似つかわしくない「高級」というワード。さらに調べてみると、日本きってのラグジュアリーな街「銀座」に店を構えており、ますます僕のしっている牛丼ではないそれ。

もはや興味しかわかず、それを見た翌日のランチは当然のごとく、この高級牛丼となりました。

牛椀 紀尾井坂 銀座7丁目店

Gyuwan kioizaka13

銀座駅から徒歩5分ほど、東銀座からであれば3分ほど。昨年10月、繁華街からは少し距離をおきつつも、アクセスの良い立地に店を構えたのが「牛椀 紀尾井坂 銀座7丁目店」。

Gyuwan kioizaka2

Gyuwan kioizaka1

店の外観は、牛丼屋の’“それ”ではまったくなく、どこか料亭のような佇まい。なんだか緊張しますね。

Gyuwan kioizaka4

白木を基調とした洗練された印象の店内、カウンター席がメインですが入って右側には4席ほどテーブル席も。

入るとすぐに、着物姿の店員さんがこちらへどうぞと案内してくれます。接客も丁寧で居心地の良さも感じられます。

Gyuwan kioizaka6

Gyuwan kioizaka7

銀座という場所柄か、年齢層は比較的高め。平日だったこともあいまってか40代50代くらいのビジネスマンが多かったですね。

和牛を使った贅沢な牛椀

Gyuwan kioizaka11

Gyuwan kioizaka12

ランチメニューはシンプルに「牛椀・特選牛椀・ローストビーフ丼」の3種類。こちらは全て老舗料亭「東京吉兆」の湯木 俊治氏がプロデュースされているそう。

Gyuwan kioizaka8

僕が注文したのは「牛椀セット(1680円)」。

旨味深いお肉に、ふっくらと粒だったお米、半熟の温泉卵たちのコラボは、お昼からなかなかの幸せ。チェーン店食すようなジャンキー感は一切なく、だしのよく効いた“すき焼き丼”といった感じでしょうか。

Gyuwan kioizaka9

牛肉は、脂身が多すぎ少なすぎず絶妙なバランス。その横には、卵、しいたけ、たまねぎ、青菜たちが華を添えます。

Gyuwan kioizaka10

銀座にお立ち寄りの際はぜひランチでもディナーでも楽しめる上質な牛椀をお試しください。デートやちょっとしたお祝い、様座なシーンで気軽に使えるお店として覚えておいて損はないはずです。

店舗情報

Gyuwan kioizaka1

店名 牛椀 紀尾井坂 銀座7丁目店
住所 東京都中央区銀座7-13-2 ティアラグレイス銀座タワー 1F
アクセス

都営浅草線・東京メトロ日比谷線「東銀座駅」徒歩3分

東京メトロ銀座線・日比谷線「銀座駅」徒歩5分

定休日 日曜日
営業時間

ランチ11:00~15:00(L.o 14:30)

ディナー 17:00~22:30(L.o 22:00)

公式サイト 牛椀 紀尾井坂
シェアしてくれると嬉しいです!
関連記事