目黒川沿い、光が差し込むカフェでコーヒーと服を。「PLAIN PEOPLE CAFE & Jaho Coffee」

Jaho Coffee6

東急東横線と日比谷線にまたがる中目黒。

そんな中目黒の象徴的存在である目黒川の周辺は、感度の高いセレクトショップやオシャレな飲食店が立ち並ぶスポットでもあります。

特に予定がなくても足を運べば、大抵面白いモノが見つかったり、何かしら催しが行われているので、一年を通して退屈することがありません。

PLAIN PEOPLE CAFE & Jaho Coffee

Jaho Coffee13

ちょうど午前中時間ができたので、ふらりふらりとウインドショッピングを楽しみながら目黒川沿いを歩いている最中に見つけたのがこちらのカフェ。

中目黒の町並みによく馴染む白く、角ばったクリーンな外観が特徴的。気がついたときには思わず足が入り口に向かっていました。

セレクトショップに併設されたカフェ

Jaho Coffee1

今回訪れたPLAIN PEOPLE CAFE & Jaho Coffee(プレインピープルカフェ & ヤホコーヒー)。

名前からも分かる通り、女性向け雑貨屋や洋服を扱うセレクトショップPLAIN PEOPLE NAKAMEGUROに併殺されたカフェになっています。

併設といえでも、コーヒースタンド的な感じではなく、広々とスペースが取られているので、ゆっくりと寛げそうです。

Jaho Coffee9

ホットコーヒーは、ケニア、ドミニカ、ブラジルの3種類から選択可能(時期によって異なるかもしれません)。注文ごとに一杯一杯ハンドドリップで丁寧に淹れてくれます。

Jaho Coffee6

Jaho Coffee7

もともとはアメリカの東海岸ボストン発祥のJaho coffee。オーナーが親日家のようで、現在この中目黒と田町の2ヶ所に店舗をかまえているそうです。そのためか、海外の方の姿もちらほら。

Jaho Coffee2

コーヒーだけでなく、紅茶、ソーダー、スムージーなどメニューも豊富、なんとクラフトビールや日本酒も。

桜が見頃を迎えていた時期は、混雑していて入れなかったのですが、ここなら窓際でお酒を片手にお花見もできますね。これは良い。

Jaho Coffee5

また、フードメニューはケーキやタルトなどスイーツ類が。ランチメニュー時には季節野菜のスープセットもあるので、ゆったりと長い時間過ごせます。

光が差し込む店内

Jaho Coffee10

大きな窓と白を基調とした店内に、光が差し込んでおり、非常に明るい雰囲気。暗いほうが雰囲気が出るのですが、作業するのであれば、明るいほうが負担が少なくて嬉しいですね。

Jaho Coffee14

Jaho Coffee18

5席ほど。足元には、充電可能なコンセントと荷物引っ掛けるフックがあります。

Jaho Coffee12

店内の中央には大きな木のテーブルが。あまり席数は多くない分、広くスペースがとれるので僕はここで作業する場合が多いです。この無垢材のテーブル、家に欲しい。

Jaho Coffee11

ちょっとおもしろいセレクトの書籍も。と『納豆の快楽』って、一体どんな本なのでしょうか…気になりますね。

Jaho Coffee17

午前中からお昼時に行くと、心地よい光とコーヒーの香りで作業が捗るカフェ。ぜひ皆さんも。

店舗情報

Jaho Coffee15

 

店名 PLAIN PEOPLE CAFE & Jaho Coffee(プレインピープルカフェ & ヤホコーヒー)
住所 東京都目黒区青葉台1丁目16-10
アクセス 中目黒駅(東急東横線、東京メトロ日比谷線) 徒歩6分
営業時間 10時00分~18時00分
定休日 なし
電源 あり
Wi-Fi あり
SNS

Instagram:jahocoffeejapan

関連:コーヒーのワンダーランドが中目黒に

もう少し池尻大橋の方面に進むと、先日オープンしたばかりのスターバックス リザーブ ロースタリー 東京がみえてきます。お立ち寄りの際は、こちらも合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

記事:コーヒーのワンダーランドが中目黒に。スターバックス リザーブ ロースタリー 東京

シェアしてくれると嬉しいです!
関連記事