カバンの中身をより軽く。USB-C to Lightning で充電を統一化する

Anker usbc lightning1

僕が日頃から愛用しているMacBookもそうなのですが、モバイルバッテリー、ヘッドホンなど、身の回りの端子が少しずつUSB-AからUSB-Cに置き換わりつつあるのを感じます。まさに過渡期。

先日、カバンの中身を整理し直していて気が付いたのが、これまでiPhoneやiPadの充電の為に持ち運んでいたUSB-Aの充電アダプターの存在。正直、モバイルバッテリーがあるので、あまり使用機会はないのですが、あると安心でいつもいれているのですが、ちょっと邪魔。

最近はMacBookの充電用にAnkerの小さなアダプターを持ち運んでおり、USB-C to Lightning ケーブルがあれば、統一できる。さらに、モバイルバッテリーを使用する際もUSB-PDの恩恵を受けられることもあり、USB-C to Lightning ケーブルを新たに加えることにしました。

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル

Anker usbc lightning2

今回もAnkerのケーブルを購入しました。90cmなので家用だとやや短い気がしますが、持ち運びには収まりが良くて良い感じ。ホワイトとブラックがありますが、僕はブラックをチョイス。

Anker usbc lightning3

USB-C側。もちろん、MFi認証を取得済みなので、OSアップデートがあっても安心して使えます。この辺りはやっぱりサードパーティだとAnkerの安心感が一つ頭抜けているかなと感じますね。

Anker usbc lightning4

Lightning側。ケーブル自体も、ほどよく太さがあり、耐久性も問題なさそう。実際にAnkerの公式情報によると、「一般的なケーブルより12倍以上の耐久性をもち、12000回以上の厳しい折り曲げテストもクリアしました」とのこと。

Anker usbc lightning10

Anker usbc lightning11

これまでは左のiPhone用のアダプターとMacBook用のアダプターの2つ。これを右の一つで統一っできるのは、ちょっとしたことですが非常に嬉しい。

Anker usbc lightning5

PD充電にも対応しているので、僕の使用しているIPHone Xs、iPad Pro10.5インチであれば充電スピードもアップするのは嬉しい。特にiPadは充電するのにかなり時間がかかるので、ありがたい…

Anker usbc lightning9

もちろん、モバイルバッテリーでも同様にPD充電の恩恵を受けられます。

カバンの中身をスッキリ整える

Anker usbc lightning0

僕は割と心配性なので、使う予定がなくても「一応これもいれておこう」といってついついカバンの中身が多くなりがち。

それ自体は決して悪いことではないのですが、PCにカメラなどが積み重ねっていくと重さもマシマシになってしまうので、なるべく無駄を削ぎ落として行きたいですね。

関連:わずか18分。高速充電可能なモバイルバッテリー

iPhone,iPadにMacBook…電子機器と共に生活する私たちにとって、端末の電池残量は常に気になるもの。毎日バッグに忍ばせて置きたいのは、やまやまなのですが、難点なのが、重さと本体充電にかかる時間。

せっかく使いたい時にバッテリー側の充電が切れている、そんな経験をしたことある方もきっとおおいはず。こちらで紹介している「Apollo Traveller」は薄く、軽く、わずか18分でできるスグレモノ。毎日持ち歩くならこれ、と自信を持って言えるアイテムです。

充電、最速18分。毎日持ち運びたいモバイルバッテリー「Apollo Traveller」

シェアしてくれると嬉しいです!
by
関連記事