テクノロジーを足元に。都市のノマド民へ向けた一足「NMD_R1」

Adidas nmd r114

私の生活は、テクノロジーの進歩にって目まぐるしく変化します。

数年前はメールが当たり前だったテキストコミュニケーションも、スマホの台頭により、今ではLINEの方がメジャーな存在になりつつあります。

もちろん、この進歩はITのみならず様々な分野において、研究者たちの弛みない努力の結果として今日もまた少しずつ進んでいるのでしょう。

Sponsored Link

adidas NMD_R1

Adidas nmd r13

今回は、そんな最新のテクノロジーがぎゅっと詰まったadidasのスニーカーを一足購入しました。その名も「NMD_R1」。

Adidas nmd r17

NMDシリーズは、2015年から発売開始。その機能性とスタイリッシュなデザインはすぐに話題となり、ここ数年で既に人気にスニーカーの仲間入りを果たしました。

NMDのネーミングは遊牧民を意味するノマド(nomad)から。ノマドワーカーという言葉が数年前に流行りましたが、電車や自転車など、小刻みな移動が多い都市の人々にピッタリの一足です。

Adidas nmd r14

アッパーに採用されているのは、プライムニットと呼ばれる伸縮性に優れた素材。

Adidas nmd r112

僕自身、窮屈な靴が苦手で、靴の中では足の指がなるべく楽な状態であってほしいのですが、このプライムニットは柔らかく足を包み込んでくれるので、一切の窮屈感を感じません。非常に快適な履き心地。

Adidas nmd r110

いわゆるシュータンがなく、本体と一体型になったで、靴とのズレを軽減してくれます。履く時はこの部分をキュッと引っ張って、すぽっと足を滑り込ませます。

ブーストフォームを採用したソール

Adidas nmd r12

NMD最大の魅力はこのソールでしょう。adidasのテクノロジーの結集して産まれた「ブーストフォーム」をソールに採用しています。

見た目は一見、発泡スチロールのようですが、軽く、衝撃吸収と反発力に優れたハイテク素材。

Adidas nmd r15

厚いブーストフォームが歩く際の衝撃を吸収。少し走るとよく感じられるのですが、冗談抜きで足がポンっと前に進むような不思議な感覚があります。これは皆さんにもぜひ体感してほしい…

Adidas nmd r11

実はこのブーストシリーズ、僕は既に一足持っています。

もともとはジム用として購入したランニングシューズがたまたまピュアブーストというモデルで、同じくブーストフォームを搭載。

あまりの良さに感動したので、今回は普段履き用としてNMDを購入しました。

より楽に、快適に

Adidas nmd r115

テクノロジーを上手に活用できれば、日々の暮らしを“より良く”アップデートすることができます。

時間も体力も限りがあるからこそ、できる限り楽をして、力を注ぎ込む部分に集中したいですね。

Adidas nmd r116

テクノロジーをぎゅっと詰め込んだスタイリッシュな一足は、普段のコーディネートにも馴染みやすいデザイン。ぜひ皆さんの足元にもブーストフォームを。

シェアしてくれると嬉しいです!
Sponsored Link
関連記事