夏、足下、エンダースキーマのサンダル

Hender scheme tortoise16

僕は夏が好きです、それはイベント事が多いから。昔を思い返せば、部活の大会、自分の誕生日、今でも音楽フェスやお祭り、旅行が。一年の中でとりわけ外に出る機会が増える季節です。

しかし、ファッション的にはあんまり着こなしを楽しめない季節なんですよね。特にメンズは、アイテムのバリエーションが限られるので、遊びの幅が狭いのです。

そんな夏ファッション楽しみつつ、暑さと共に付き合っていくために欠かせないアイテム、それが「サンダル」でしょう。

Sponsored Link

Hender Scheme「tortoise」

Hender scheme tortoise1

ふらりと立ち寄ったセレクトショップで直感的に惹かれてしまったのが最期、買わずにはいられず、悩んだ末に購入したのがこちら、Hender Scheme(エンダースキーマ)のサンダルです。

Hender scheme tortoise2

Hender Schemeというブランドをご存じない方の為に軽く紹介をしておくと、2010年からスタートした日本のレザーブランド。

現在は小物からインテリアまで様々なアイテムをリリースしていますが、もともとはシューズブランドとしてスタートした背景があり、代名詞となっているのが「オマージュライン」のアイテム。

Hender scheme tortoise5

adidasやNIKEの人気にスニーカーをソールからシューレースに至るまでほとんどのパーツを“レザー”で作り上げたスニーカーは、ひと目みたら忘れないインパクトがあります。

異素材の組み合わせ

Hender scheme tortoise3

今回、僕が購入したのはHender Schemeの「tortoise」というサンダル。サンダル自体はわりと定番アイテムとしてリリースされているのですが、シーズンごとに若干素材に変化をもたせています。

Hender scheme tortoise4

ベルトタイプのサンダルで、カジュアルからキレイめまで比較的合わせやすいデザインです。

Hender scheme tortoise7

今回のモデルはベルト部分に4つの異素材を採用。

Hender scheme tortoise6

一見同じブラックですが、カウレザー、ハラコ、パテント、ナイロンが用いられることで、表情豊かに。

カマボコソール

Hender scheme tortoise8

そしてなによりも特徴なのがこのソール。通称”カマボコソール”とも呼ばれるボリューミーなソールは非常に存在感があります。

ここのところファッション全体にビッグサイズのアイテムが増えてきたので、足下にもボリュームがあるとちょうどいい塩梅になるんですよね。

Hender scheme tortoise32

正直は着心地はよくなさそうな見た目をしていますが、この深い切れ込みのおかげで、思いの外ソールがぐっと湾曲し、返りもしっかりあるので、なかなか悪くない感じです。

Hender scheme tortoise41

カマボコソールの上にコルク、そして足入れ部分にスエード調のレザーといった組み合わせ。正面、横、上、どこから見ても面白い工夫が凝らされたアイテムですね。

シャツやワイドパンツと合わせて

Hender scheme tortoise27

実際に履いてみるとこんな感じ。古着のシャツをあわせてみました。

Hender scheme tortoise1

こちらはブラックのTシャツにワイドチノパンを。しっかりボリュームがあるので、パンツにサンダルが負けていませんよね。

Hender scheme tortoise13

ただ、レザーというだけあって、最初は硬さがまだ残っている感じが。正直、いきなりこれで遠出するのは危なさそう。

Hender scheme tortoise16

まずは近所のカフェに行く際に履いていって、少しずつ馴染ませていきたいと思います。夏の後半には街デビューさせてあげられるよう、頑張りたいと思います。

みなさんもお気に入りのサンダルを見つけて、夏を快適に楽しみましょう。

シェアしてくれると嬉しいです!
Sponsored Link
関連記事