拘りがたっぷり“詰まった”STILL BY HANDのスウェットパーカーが僕の定番。

Stillbyhand parka9

なるべく身につけるモノは質にこだわりたい、そんな風に思っているのですが、人から「どうやって見分けるの?」と聞かれることも。

ブランドが持つ背景や歴史などバックグラウンドに共感することも当然あるのですが、簡単な部分でいうと、いかに密度が高いかを気にすることが多いですね。

もちろんすべてのケースにおいてそうではない、と前置きを付けますが、服であればより細かく編まれているもの、薄すぎず、適度に厚みがあるようなアイテムほど、品質が高くなる傾向にあります。

Sponsored Link

STILL BY HANDの度詰めスウェットパーカー

Stillbyhand parka1

僕の手持ちの服で、まさにそれを象徴するようなアイテムが、STILL BY HAND度詰めスウェットパーカー

STILL BY HANDは、素材選びから製造まで、服作りのすべてを国内生産に拘り、着心地の良い服を提供している日本のブランド。

そんなブランドから、毎年定番アイテムとしてリリースされているパーカーはまさに名作で、最大の特徴はとにかくハリのあるオリジナルの生地

Stillbyhand parka7

生地1メートル当たりに、1キロ以上の綿糸を使用して編み上げることで、とにかく目の詰まった堅牢な生地に仕上がっています。それでいて、細い糸を使用しているので、ガサッとした質感ではなく、綿のふわっとした優しい質感。

高オンスのスウェットは、市場にも沢山ありますが、それらとは明らかに一線を画したクオリティ。

Stillbyhand parka4

Stillbyhand parka5

当然、そんな度詰め生地は、洗濯・着用を繰り返しても型くずれしません。毎日使いたくなるアイテムだからこそ、こうした実利的なメリットは本当に大きいですね。

芸術的なフードの立ち

Stillbyhand parka2

このパーカー、もうひとつの特徴が美しいシルエット。

パーカーという定番アイテムだけに数多く袖を通してきた自信がありますが、ここまでフードが美しく立ち上がるパーカーを僕は知りません。

Stillbyhand parka8

ハリのある生地感、そして、フードの付け根に切り返しのリブを配置するなど、計算され尽くしたパターンがあってこそなせるまさに匠の技。本当に芸術的と呼んでいいくらいです。

Stillbyhand parka10

シャツの上にさらっと羽織ってしまうだけで、コーディネートを完成させてしまう。そして、どこか高揚感を与えてくれる素晴らしいアイテム。

Stillbyhand parka3

アームやショルダーなど、全体的にシャープなシルエットなので、細身体型な僕の身体にもピッタリと寄り添ってくれます。

Stillbyhand parka9

きっとこれからも着続けていく、僕のベーシックパーカー。

シェアしてくれると嬉しいです!
Sponsored Link
by
関連記事