無機質なiPhoneに寄り添う”育つ革”のケースを

Henderscheme iphonecase16

先日、毎年恒例となったiPhoneの発表会がありました。iPhone 12を筆頭にiPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxと怒涛の4モデル同時発表。

僕は、キャリア縛りのサイクル合わせて2年周期でスマホを買い替えてきたので、Xsを購入し前モデルの11はスルー。正直1年周期だと変化は微々たるものですが、2年位経つとスマホ業界全体のスペック・機能が底上げされるので、新鮮な気持ちで端末を使うことができる気がします。

とはいえ、既に多くの方が感じている通り、いくら処理性能があがろうと、もはや使用感に変化を及ぼすほどではないですしiPhone登場初期のような感動がないのは事実。カメラ性能も向上していますが、ちゃんと撮りたいシーンでは結局α7やosmo pocketを使うので、あんまり必要ないんですよね…

そんなわけで、12シリーズへの乗り換えは急ぐことなくじっくり検討していこうかなと。手持ちのiPhone Xsをしばらく継続使用するということで、今回はちょっと良いケースを買ってみました。

Sponsored Link

Hender Scheme「iphone case X」

Henderscheme iphonecase5

それがこちら。Hender Scheme(エンダースキーマ)のレザーiPhoneケース。以前サンダルでもご紹介した通りですが、日本のレザーアイテムブランドで、シューズ類が特に有名。一応iPhone X向けですが、Xsでも使用できるとのこと。

Henderscheme iphonecase7

本体にはロウを染み込ませたベジタブルタンニンレザーを使用。表面はややザラッとした革本来の質感が残っており、手にしっくりと馴染みます。

カラーは全5色。普段ならブラックとかネイビーあたりを選びますが、革の変化をより楽しむ為に今回がナチュラルを選択してみました。ここまで明るい色は使ったことがないので新鮮です。

Henderscheme iphonecase9

下部にはHender Schemeのロゴが金箔で。

Henderscheme iphonecase11

Apple製品はデザインが工業的な感じで好きなのですが、ちょっと無機質すぎる印象もします。そこに同じものは一つしてない革素材という正反対な性質を持つアイテムを合わせると、どこか血の通ったような感覚が。

Henderscheme iphonecase14

Henderscheme iphonecase15

本体自体は、プラスチックにレザーを張り合わせたもの。サイドのボタン類はくり抜きになっており、本逮保護、耐衝撃性みたいな部分はあまりなさそうですね。どちらかといえば、見た目重視。

Henderscheme iphonecase21

ただ、やはりレザーブランドだけあって、端のコバも丁寧に処理されており、全体的な完成度の高さが伺えます。。やや(かなり?)お高いケースなので、なるべく丁寧に長く使っていきたいと思います。

手のひらで育つケース

Henderscheme iphonecase18

新品の状態のベージュ色も当然美しいのですが、このケースの真価が発揮されるのはもうしばらく経った後。

革素材特有の経年変化によって、色も質感もますます趣深くなっていきます。特にナチュラルはラインナップの中でとりわけ色の変化があるので、楽しみですね。

この記事の執筆時点で約1週間ほど使っているのですが、少しず質感に変化が出てきました。また、エイジングが進んできたらどこかで皆さんにもお見せしたいと思います。

created by Rinker
¥13,200 (2021/01/25 21:16:13時点 楽天市場調べ-詳細)

関連:革モノの美しい変化

MacBookと合わせて愛用している国立商店のレザースリーブも使い込むほどに美しい経年変化を見せる革モノです。

MacBookの相棒。国立商店のレザースリーブ約2年間使っての経年変化

シェアしてくれると嬉しいです!
Sponsored Link
by
関連記事