MacBookの相棒。国立商店のレザースリーブ約2年間使っての経年変化

Kunitachishoten leathersleeve0 8

毎日といっても過言でないほど、常に肌身離さず持ち歩いていたMacBook。学生生活も、仕事も、就職活動もこのマシンと共に乗り越えて来ました。そして、そのMacBookの相棒として支えてきたのが、国立商店のレザースリーブ。

約2年という時間を経て、キズもたくさん付きましたが、新品とはまた異なる趣深い魅力を放つアイテムに成長。せっかくなので、経年変化の様子を記事にしてみたいと思います。

Sponsored Link

2年間使い込んだ国立商店のレザースリーブ

Kunitachishoten leathersleeve0 1

MacBookを収納するスリーブとして、そして取り出した後はラグとして大活躍してくれたスリーブ。ハブやイヤホン、充電器など、その他の周辺機器は幾度となく入れ替えがありましたが、こちらだけはずっと使い続けてきました。

傷が付くほど愛おしい。国立商店のレザースリーブ for MacBook12インチ

Kunitachishoten leathersleeve0 6

購入した直後は、パンと張った革に、ブライドルレザー特有の白いブリームが表面に残った見た目でしたが、現在はクタッと、そして鈍い光沢が。

Kunitachishoten leathersleeve0 5

裏面にはゴム足の“あたり”がポコっと浮き出ているのが分かりますね。一朝一夕では決して見られることのない、使い込んだ証です。

ちなみに写真では分からないと思いますが、使い込むほどに表と裏の革質に差が見られるようになってきました。表面は時間を経るごとにマットな感じに変化していきましたが、裏面のレザーの方はつややかで光沢を放つ感じに。

Kunitachishoten leathersleeve0 7

Kunitachishoten leathersleeve0 3

2年間使ってもステッチのほつれ、コバの剥がれ等は一切なく、品質の高さを感じます。良いモノはできるだけ長く使いたいですが、それが叶うような品質の高さを持つ製品も非常に少ない。

Kunitachishoten leathersleeve0 4

使い始めた頃は油分たっぷりだったレザーも、ところどころ油分が飛んで、カサついている部分が。後でオイルを塗ってケアしてあげようと思います。ちなみに僕はラナパーを使うこと多いですね。植物性ということもあり、必要以上に柔らかくなりすぎず、そしてベタつきも少ないので、革製品全般におすすめです。

created by Rinker
Renapur(ラナパー)
¥2,200 (2020/12/02 15:31:05時点 Amazon調べ-詳細)

また使いたいアイテム

Kunitachishoten leathersleeve0 11

実は、そろそろMacBook本体の方も別機種に乗り換えを考えているのですが、またMacBookを選んだ際には同じく国立商店のレザースリーブを合わせて使いたいと思います。長く愛せるモノに出会えることは本当に嬉しいですね。

職人が作るレザースリーブ MacBook(12インチ)用 – 国立商店

created by Rinker
Apple(アップル)
¥13,200 (2020/12/02 15:31:06時点 Amazon調べ-詳細)

関連:使い込むほど愛着が湧く「革モノ」

MOTHER HOUSEのバックバックも、使い込むほど経年変化を楽しむことができるレザー素材。

どんな時も“こだわり”を背負って。MOTHERHOUSE「Antique Square Backpack」

シェアしてくれると嬉しいです!
Sponsored Link
by
関連記事