鮮やかな音と静寂を。みんなが使えるノイズキャンセリングヘッドホン「SoundSurge 85」

二ヶ月ほど続いた外出自粛期間がようやく明けました。この長いような短い間に世の中はすっかり様変わりし、リモートワークやオンライン授業が当たり前に。

自宅にいる時間も以前よりずっと増えたので、じっくり腰を据えて音楽を聞いたり、映画を見たり、はたまた記事を書いてみたりと、今まではなかなかできなかったことに取り組む時間となっています。

そして今回は、家電ブランドTaoTronics様より、そんな自宅での時間をより豊かにしてくれる新製品を発売前に一つ送って頂いたので、試してみました。

Sponsored Link

TaoTronics「SoundSurge 85」

こちらがTaoTronicsから今月新たにリリースされた新型ヘッドホン「SoundSurge 85」。本体はマットなブラックで、シルバーのロゴが光るいたってシンプルな外観です。

5000円台のエントリークラスに位置するヘッドホンとのことですが、なんとノイズキャンセリング機能が搭載されているとのこと。このあたりを踏まえながらチェックしていきましょう。

軽量感に優れたボディ

プラスチックをベースにしたボディはわずか220g。外箱から取り出す際にも本当にヘッドホン入っているの?と感じてしまうほど。

イヤーパッドはプロテインスキンレザー(人工皮革)で覆われ、中には柔らかなスポンジが。耳当たりも非常に良い感じです。側圧も強くなく、長時間つけていても痛みを感じづらいため、オンライン会議・講義で使うと良さそう。

個人的には、手持ちのSONY「WH-1000XM3」と比べると、外観は若干チープな印象が否めないですが、この軽量性と価格を考えれば妥当なところでしょう。

ちなみに、折りたたみ可能で、スエード調の専用ケースも付属しているので、持ち運んで使うのも良さそうです。

急速充電対応、最大31時間連続再生

Qualcomm(クアルコム)の省電力チップ「QCC3003」を採用することで 連続31時間再生を実現。また急速充電にも対応しており、わずか5分間で3時間再生可能になります。

ちなみに端子はUSB-C。地味ですが嬉しい人も多いはず。

AAC対応で、鮮やかな音

Apple製品に用いられることの多いAACコーデック(音声圧縮の方式です)に対応し、Bluetooth接続でも高音質な音を楽しむことができます。ちなみにBluetooth 5.0規格にも対応しているので、ラグも少なく、使用しながらゲームなども楽しむことができました。

さて音質に関してですが、実際に聴いてみると低音から高音域までそれなりにバランス良く鳴っている印象。聞き疲れしにくく、通話やラジオなど人の会話も聞き取りやすいので、その点は好印象。

ただ、全体的に少し音圧が足りないというか、音が軽い印象があるので、かなり音量をあげないと満足のいく感じにはならないかな。解像度の高い音、ドンシャリのサウンドが好きという方にはあまり向かないかもしれないです。

ちなみに本体付属している3.5mm オーディオケーブルを使用すれば、Bluetooth接続だけでなく、有線接続でも使用可能

アクティブノイズキャンセリング対応

5000円台で購入できるヘッドホンながら、アクティブノイズキャンセリング(ANC)に対応しているのが、最大の魅力。左後ろのスイッチでON-OFF切り替えを行います。

オンにすると、外を走る自動車の音やエアコンの音など、耳障りな環境音がすっきりとカットされます。これはいいですね。

ハイエンド機種に比べると効きはやや甘めですが、自宅やオフィス、カフェなどで作業する際にはちょうどよいと思います。

誰でも、気軽に

完璧とまではいかないものの、概ねバランスよくまとまった「SoundSurge 85」は、初めてノイズキャンセリングヘッドホンを使いたい方におすすめできるモデル。

こうした機能がついているヘッドホンというと価格も高いし、重たいし…とこれまで敬遠されがちですが、5000円台なら手に取りやすい価格帯かと思うので、ぜひ一度お試しを。

今回は、読者の皆さんに向けて20%割引となるクーポンをいただきましたので、ぜひご検討ください。

クーポンコード:「BH085HAR」(期間:6/11-6/14、20%オフ)

シェアしてくれると嬉しいです!
Sponsored Link
関連記事